BACK STYLE

着物を着た
女性の後ろ姿にあって、
男性の後ろ姿に無いのは、
“お太鼓柄”や、“帯の締め方”などの、
“多様さ”だと思っています。

 

着物を着た男性の後ろ姿に、
“何か加えたい”
そんなことをうすぼんやりと
思っていました。


縁あって、仕立てあがりのデニムの着物の新古品を仕入れることができました。

ぼくが着はじめた10年くらい前は、
デニムの着物というと物珍しかったのですが、
最近は高額帯からお買い求めやすい価格帯のものまで、
沢山の種類が販売されているので、そのまま販売をしても芸がありません。

そこですこし思い切ったことをしてみようと思っていた時に、
後ろ姿に何か加えたいという思いがムクムトと起き上がってきて、
大きなワッペンを貼ってみようと思いました。
スタジャン&スカジャンとかにも、背中に大きな刺繍とかが入っていますよね。
あんな感じをイメージしてつくりました。

 

MサイズとLサイズのデニム着物に、
刺繍ワッペンを貼ったところ、
Mサイズはネットに掲載する前にお買い上げとなりました。


先日、「入間の乱」で出展ブースがお隣になったご縁で、
オリジナル和柄プリント、手描きのTシャツを製作している、
靖-seiさんにデニム着物の背中に満月とガイコツを刷ってもらいました。

 

背中に何かを加えるスタイルの着物も3点製作をして何か形になってきたので、
背中にデェ~んと、
“何か”を付け加えた商品たちを

「BACK STYLE」
名付けました。

アイディアがつきるまでお付き合いください😅