• 裕樹 高野

この着物(反物)を販売していくぞ!


ついつい、 自分のやっていることは過大評価しがちですが、 今回染めた“男の着物”は、 カッチョよくできたと思います。


“男の着物”というと、

無地や織物が多いと思います。

江戸小紋の様に 精緻な後染めの着物もありますが、 大きな染柄の着物は、 あまり見かけたことがありません。


着物の世界は、

オーダーメイドが良く“効き”ますので、

職人さんと相談されて 自分オリジナルの着物を

作ることも可能です。

ご予算さえ気にならなければ(;^_^A


大きな染柄、

高額になり過ぎない、

着物(反物)を作りたい。


と思い悩み、

 思い悩み、

 思い悩み、

 思い悩み、

 思い悩み、

 思い悩んだ結果、

この反物を染めました。

そして先日、 サンプルに仕立てものが届きましたので、 早速撮影をしました。


まだまだ詰めなくてはいけないことが 山の様にありますが、 今年はこの着物(反物)を製作し、 販売をします!

今回のこの着物(反物)は、 反物のみの販売もしますが、 小売店さんへの卸しも考えています。

でも、まずは名前(商品名)を考えないと(;^_^A

閲覧数:99回0件のコメント