男の着物で通勤
和装通勤を
​応援します!

RECENT POSTS: 

SEARCH BY TAGS: 

夏の足元は冷える

女子じゃあるまいし!

なんていう方は、一度経験してみてください。 夏場、空調の効いたオフィスでの 素足は、けっこう冷えるですよ。 エコと言われても、職場以外でも、

最近の屋内はエアコンがけっこう効いています。 夏場でも、座っている時間が長いオフィスだと、 足が冷えるということが多々あるんです。

それからは、浴衣での通勤は控えて、

襟付きの夏の着物として足袋を履いて“着物で通勤”していました。 足袋は白足袋、黒や紺、色足袋、柄足袋と色々とあります。 素材だと、革、別珍、木綿、麻など。 着はじめた当初は、柄足袋などを探して履いていましたが、

最近は行田・きねやの石底の紺の足袋を通勤足袋に愛用しています。 理由は3つ。

(1)白は汚れが目立つ

(2)柄足袋より、紺地のが着物などにあわせやすい。

(3)きねやの石底足袋は、底が硬くて厚いので、堅牢な上に冬が温かい。 私の場合、力が入るらしく、指の股のとろこが、買って早々に擦れて穴があいてしまうことが多々あり、それがなかったのが、きねやの石底足袋ということもあり、愛用しています。

私はたまたま既製品があいましたが、巻き爪、甲が高い、甲の幅があるなど、既製品があわない方もいらっしゃると思います。 足袋屋さんで、マイサイズをつくるのもオツだとおもいますが、できあがった足袋が足に合わなかったという話しも聞いたことがあります。 靴を買う時も午後は足がむくみ、サイズが大きめになってしまうと聞いたことがありますから、時間を気にしてもいいのかもしれません。

既製品でもオーダー品でも、自分の足にジャストフィットのものは、なかなか巡り合いませんので、妥協は必要かもしれませんが、しわが寄らず、ピっとした足袋はかっこいいなぁと思います。 足袋のサイズは、年齢で変わるのでしょうか? 私は、着はじめた当初は26.5cmだったのですが、今は26cmがジャスサイズになりました。 年齢とともに身長が縮んでいくというのは聞いたことがありますが、足が小さくなるというのはあまり聞きませんが^^;

高野裕樹

Net Shop: