男の着物で通勤
和装通勤を
​応援します!

RECENT POSTS: 

July 22, 2020

Please reload

SEARCH BY TAGS: 

Please reload

昨日、初めて夏の大島を着ました

2020-7-29


この画像は、仕立てあがった角帯とあわせて撮影したものもです。
販売する角帯ですので締める訳にいかず、手で押さえての撮影は苦労しました(;^_^A
 

この日は運悪く本降りの雨で、早く着たい、いつ着るか?と、思いばかりが募っていき、ついに昨日、弱い霧雨だったので傘をさして夏大島デビューをしました!



昨日の天気
昼間は、弱い霧雨が降っていましたが、
 最高気温24度
 湿度70%
湿度が高かったですが気温は低めで、空気をはらんで肌に接しない小千谷とは違い、風が抜けて気持ちよく着ることができました。
夏大島は盛夏に着る薄物ですが、
気温25度くらいは、一番心地よく着られるのでは?
と思いました。

 

着方
紺の綿麻楊柳の浴衣を襦袢代わりに着ましたが、気温低めでしたが湿度高めということで、少し浴衣の裾がもたつきました。
半襦袢とステテコの組み合わせが良いと感じました。
よく、夏の薄物だと白の襦袢をあわせた画像を見かけますが、黒や紺のものの方が中の色が目立たないので、私好みでした^^



脱いでみて
昨日は涼しかったですし、まだ一回しか着てないこともあってか、汗の匂いなどは気になりませんでした。
立ったり座ったりはなかったのですが、絹布ということで少しシワが気になりました。
手持ちの小千谷は洗いっぱなし、掛けて干しっぱなしのお気軽メンテに比べれば、少し手をかけてあげる必要がありそうです。
匂い対策や、簡単にできるシワ対策を考えないと^^


でも、なんでしょう!

夏の絹布って、こんなに涼しいんですね!
夏大島、こんなにさばきが良いんですね!
 

洗って縮んだらどうしよう・・・
不安はあるんです。

でも、もう次に着ることしか考えられません!

久しぶりに、
次に着ることをワクワクする着物を仕立てた、
と思っています^^


今年は夏大島を、ガシガシ着るぞ!!!
夏の絹布の魅力を伝えるぞ!!!

仕立 直や

夏大島:東郷織物ネットショップ


サイト「男の着物」では、Twitterでライブ放送をしています。
お時間あれば、お聞きください^^
→Twitterアカウント

 

Please reload

Please reload