『男の着物』のお仕立ての流れ

『男の着物』で扱っている反物は、「きものおたすけくらぶ」でお仕立てできます。
 

お仕立ての申込書を『男の着物』販売の反物にお付けします。

ご希望の方は、直接、「きものおたすけくらぶ」にお申込みください。


1 反物と申込書がお手元に届きます。
反物をご確認ください。

2 反物と申込書を「きものおたすけくらぶ」へ。
反物と、記載した申込書を、「きものおたすけくらぶ」へ送る際は、送料はお客様のご負担になります。
お送りいただく際は、反物が運送中に汚れることのないように、梱包をしてお送りください。
また、お申込み後の、中止、返品はできません。

3 お仕立て期間は一ヶ月半ほど
申込書受領後、お仕立てに入ります。
寸法の確認などで、「きものおたすけくらぶ」から連絡を入れさせていただくことがあります。
※お支払い方法は、代金引換、または「クロネコ@ペイメント(クレジット)」にて、お願いいたします。

申込書の記入のしかた

記入はすべて、「着物の寸法」が基準になります。

着物のお仕立てはもちろん、羽織を仕立てるときも、基準になるのはすべて着物の寸法。
ご自分の着物の寸法をご記入いただければ、そこから羽織の寸法を割り出します。


「自分の寸法」がわからない人は
お仕立てに不慣れな人は、すべてに記入しなくても大丈夫です。
身長、裄(ゆき)丈は必ずご記入ください。

ご自身の寸法を、しっかり把握しているなら
「きものおたすけくらぶ」は、裄や袖丈のほか、こだわりの寸法にも対応してくださります。
わかる範囲でご記入ください。

※ご自分の着やすい寸法の着物を同送いただいてもかまいません。
 採寸してお仕立てし、反物の仕立てあがりとともに返却します。
 また、「きものおたすけくらぶ」への来店も可能です。
 プロの和裁士が採寸します(事前に要電話)。