着物で通勤ってできるの?
2年間、埼玉から東京まで、晴れの日も台風の日も着物で通勤し、
1年以上も、片道2時間を着物で通勤(洋服の時もあった^^;)、
最近はフリーランスになって、着物でノマドワーカーになった
“中の人”が着物で通勤する
「和装通勤」について、つづっていきます。

タグ検索

Please reload

June 22, 2020

自分自身の「着物で通勤」のお話しを書いてきましたが、
常々「他の方のお話しをお聞きしたい」と思っていました。

そんな時、Twitterのフォロワーさんが着物で通勤をされているとお聞きしたので、「ぜひ一度お話しを伺いたい!」とメッセージをお送りしたところ、快く了承をしていだき、先日お話しを伺いに行ってきました。

着ようと思ったきっかけ
40歳の節目で「何か新しいことを始めてみよう」といくつか考えた中の一つが、着物を着るとことだったそうです。
 

何故、着物で通勤ができたのか
最近、転職をされたそうなのですが、その際に「着物を着て仕事をすること」を条件としたそうです。
以前、女性ですが着物で通...

April 3, 2019

先に申し上げておきます。

出来ればスーツや洋服の方が良いですが、
まぁ、行けますよ


近い将来、着物で通勤をすることが当たり前になったとき、
夜行バスで出張をされる方もいるかと思います。


先日、松江に行くことになり、
コスト削減で久しぶりに夜行バスに乗りました。


もちろん着物で( ̄▽ ̄)v


当日の夜行バスは4列シート。
体験された方はわかりますよね?
シートが狭いんですよT^T
シートを倒しても気をつけしたような姿勢で、
12時間弱800㎞を走りました。
 

足が浮腫むのを少しでも軽減したいので、
体を少しでも水平近くにしたくて倒したシートに浅く座っていたら、
くたびれてきたけど少し太い糸で織...

December 19, 2017

先に申し上げておきます。
私は、着物単体では、自転車に乗るのは向かないとおもっています。


私自身、着物で自転車乗って出かけることがありますが、どちらかと言えば、やもえないという選択肢です。
自転車での移動が決まっているのであれば、その日は“洋服”をチョイスします。

私が着物単体で自転車に乗らない理由は、
(1)風で裾がめくれて、下着が見えてしまう。

(2)自転車の形にもよるが、
   チェーンなどで裾が汚れる可能性がある。

(3)サドルにあたる着物の尻の部分が痛みやすいのでは?
   と、危惧してしまう。

(4)冬の時期は特にそう感じますが、
   袖口が広いので、風が入ってきて寒い。


ただ、対処方法...

December 13, 2017

リンクは2015年の12月1日の記事である。 →こちら
 

サイト「男の着物」でも勝手に取り上げさせていただいた、
小椋 一宏さんが代表取締役社長兼CTOを務める、株式会社HDE社内のイベントかなにかのページらしいのです。
2015年12月の投稿で、毎日着物で出勤して1年とありますから、すでに3年近く着物で出勤をされているそうです。
 

詳細はリンク先を読んでいただきたいと思います。

私が、「着物で通勤するには」で書いていたことと、多くが重複します。


はたからみていたら自然と沸いてくる、“着物で通勤”に対する疑問への答の一つ一つが、「自分と同じことを考えていた人が、すでに2年前にいて、ここまで整...

December 6, 2017

通勤に着る着物は、自宅で洗えるに越したことはないと思います。
 

着物で通勤をしていた時は、木綿、綿麻が多かったのですが、オフィスワークで来客や訪問が多かった仕事の時は、紬やポリの方が良いかな?と思い、少しづつ紬やポリを着るようになりました。


理由はなんとなくです。


同調圧力ではなく職場の空気感から、紬の方が良いのかな?と思いました。
着て行っていた木綿の着物が、黄色やカツオ縞風だったりで、今思うと、年齢的にも、職場の雰囲気にはそぐわなかったな、と思っています。


そうそう、専門店で店頭に立った時は、「袷の時期に木綿の単衣は貧乏くさいから店頭では着るな」と言われてことがありました。
まぁ、お店のル...

November 22, 2017

今年の「きものの日」も、経済産業省、農林水産省の一部の職員の方々や、京都市役所の有志(それでも約150名)の方々が、着物で出勤をされて、和装勤務をされたそうです。
 

また、京都、奈良、横浜など、日本各地でいろいろなイベントが開催されたり、芸能人がPR大使になったりと、いろいろとニュースにもとりあげられました。
 

行政が取り組んでくれるのは、着物で通勤をしたり、着物で勤務をする前例にもなって、とても良いことだと思っていますが、そんなニュースをみて、今年は気になったことがいくつかありました。

省内や市役所内の、担当されている一部の職員や有志の人以外の方には、着物で通勤や和装勤務がどの様に広がるの...

Please reload